民泊運営開始準備編

民泊の初め方備品編・防犯カメラはYESKAMO【JP-AM-03】

 

💡この記事は5分で読めます。

💡防犯カメラの購入で迷っている方は必要な機能・選ぶ時に最低限必要なポイントが分かります。

 

 

防犯カメラはYESKAMO【JP-AM-03】がオススメ

 

設置が簡単でシンプルな画面操作、動体検知の精度もよくとても使いやすいです。

 

YESKAMO【JP-AM-03】を選んだ理由

 

必要な条件を全て満たしていたから

 

自治体から指定された必要な防犯カメラの機能は3つ

 

①出入りする人物が誰であるか確認できる程度の解像度であること。

人感センサー付きで、人を感知したときに通知が送れる機能が付いていること。

③遠隔でも通知を受取り画像をリアルタイムで確認できるもの。

※録画機能はなくても可

 

ラッキー
ラッキー
自治体によって防犯カメラに必要な機能は異なるので、事前に確認をしておくのが確実です💡

 

また、必須条件になっていなくても録画機能はあるものを選びましょう。

 

 

プラスα個人的な要望

 

①設置が簡単

②配線が最小限

③価格が安い(1台2万円以内が理想的)

④屋外用

 

この条件⑦つを全て満たしていたので、試しに1台購入してからはYESKAMO【JP-AM-03】を買い足して使用しています。

 

 

設置が簡単

 

このカメラで一番好きな所は設置が簡単なところです。

 

②説明書通りに設定(QRコードを読み込めば2,3分で完了。)

③壁に設置(屋外スタンドで固定して壁に打ち付け。)

で完結します💡

 

 

ラッキー
ラッキー
配線はソーラーパネルとカメラを繋ぐコードだけなので迷う所はありません。

 

 

YESKAMO【JP-AM-03】の使用レビュー

 

・女性1人でも設置は可能とにかくシンプル。

・ソーラーパネル付きで設置をすれば充電&設置時の配線不要。

・スマホで簡単に操作が出来る。

 

・屋外用スタンドに取り付ける時、ネジの締め方にコツが必要。

 

 

実際の操作画面はこちらです。

 

・録画データの確認

・検知センサーのON/OFF

・マイク機能で現地との会話

 

使いそうな機能はこのくらいなので、1つの画面で確認出来て使いやすいです。

 

ソーラーパネルは太陽に当たっているのに充電が出来ない方は、こちらの手順で確認してください💡

①一度カメラから取り外す。

②太陽の当たる場所でソーラーパネルを充電。

③別のタブレットなどをつないで充電の確認。

初めの充電が弱すぎると、その後日が当たっていても充電がされないケースがあるようです。

これでも充電が出来ない場合、ソーラーパネルの不具合かもしれないので早めに問い合わせをするのが良いと思います!

 

 

ラッキー
ラッキー
デメリットはあまり思いつきませんが、雪や豪雨になりやすい地域で設置場所に屋根が全く無い場合は、もう少し頑丈なモデルの方が良いかもしれません。

 

 

購入時の注意点

 

・届け出を出す自治体で防犯カメラに必要な条件を事前に確認。

・ソーラーパネルで充電をしたい場合、事前に日当たりの十分な設置場所を確認する。

・保証期間が付いているお店から購入する。

 

 

 

 

ラッキー
ラッキー
過去に1台ソーラーパネルから充電がされなかったのですが、購入から半年後でも親切に対応して頂き、無事問題が解決したので、改めて保証期間&対応のしっかりしている店舗からの購入は大切だと思いました。

 

 

住宅宿泊事業にもオススメ

 

「住宅宿泊事業」で防犯カメラの設置が必須でないエリアでも100%付けておくことをオススメします。

 

運営開始時は特にゲストに限らず近隣住民も含め色々なトラブルが発生する可能性があります。

 

トラブルが起きても防犯カメラで履歴が確認できるだけで簡単に解決することも多いです。

 

 

まとめ

・YESKAMOJP-AM-03】は小規模宿泊施設に向いている。

・取付が簡単&シンプルな画面で操作しやすい。

・購入前に申請エリアで必要なカメラの条件を事前に確認しましょう💡

・自宅の防犯対策はもちろん、住宅宿泊事業の運営にもオススメ。

ABOUT ME
ラッキー
ラッキー
民泊の立上げや現地対応を主に担当しています。 これから民泊運営を始めるにあたり、必要になる情報・ツール・基礎知識を初心者の方向けにアップしていきます!