基礎編

賃貸の仲介手数料無料の真実!実は不動産屋が喜ぶからくりだった。

賃貸の仲介手数料無料の真実!

 

仲介手数料が無料になる3つの理由

 

理由1:物件自体良くない。

理由2:オーナーが手数料を多めに払ってる。

理由3:請求される項目名が違うだけ。
→(礼金を多めに取っている。)

 

しもクマ
しもクマ
仲介手数料が無料でも中には良い物件もあります!
詳しくは別の記事で書く予定です。

 

 

仲介手数料の受取り方

 

◆前提条件

不動産仲介業者が受取可能な仲介手数料は家賃の1ヶ月分が上限です。

その為、「貸主」 「借り主」両者から仲介手数料を受け取る場合は、0.5ヶ月分ずつが上限です。

 

一般的な3つのパターン

 

「オーナー」 「借主」両者から受取る場合(家賃10万円)。

「オーナー」5万円「借主」5万円10万円

しもクマ
しもクマ
こちらが、皆さんがイメージする一般的なパターンです。

 

「貸主」仲介手数料無料の場合(家賃10万円)。

「オーナー」0万円  「借主」10円10万円

しもクマ
しもクマ
一見オーナーが0円なのは、フェアじゃないように見えますが、優良物件だったら仕方ないですよね。

 

「借主」仲介手数料無料の場合(家賃10万円)。

「オーナー」10万円  「借主」0円10万円

しもクマ
しもクマ
「オーナーさん!不動産屋さん、ありがとう!」と思うかもしれませんが、この場合そこまでしないと決まらない物件のケースが多いです。

 

↑これが理由1、2の「物件自体良くない。」「オーナーが手数料を多めに払ってる。」パターンですね。

 

 

「貸主」 「借主」仲介手数料0円

+礼金1ヶ月場合(家賃10万円)。

「オーナー」0万円   「借主」0円   「礼金」10万円

「礼金」10万円→この礼金は一旦オーナーの元へ

その後仲介業者へ支払われる。

しもクマ
しもクマ
これが、理由3の「請求される項目名が違うだけ。」です。結果的に仲介業者はしっかりと”あなたのお財布から”10万円受けとています。

 

裏技ADの存在

 

AD広告宣伝料です。
仲介手数料とは別に受取ることが可能。
もちろん合法です。

 

◆「借主」仲介手数料1ヶ月+αの場合(家賃10万円)。

「オーナー」10万円   「借主」0円、さらに「オーナー」10〜30万

しもクマ
しもクマ
これも理由1、2の「物件自体良くない。」「オーナーが手数料を多めに払ってる。」パターンですね。
物件の質は更に落ち不動産屋がAD欲しさに最優先に勧めてくる可能性が高いです。

 

僕でもそうするかもしれないです。ww

 

 

これは不動産業界の普通です。

皆さんの普通ではないかもしれませんが^^;

勉強して知識武装していきましょう。