基礎編

不動産購入のステップにおける注意点

不動産を購入するステップで注意点があります。

それは、

「まず、自分の融資可能額を確認することからスタートする。」

「相談する不動産屋によって運命が変わる。相談する不動産屋を間違えないように。」

ということです。

 

購入のステップですが、

①不動産屋と面談(融資可能額、希望条件等のすり合わせ)

②購入の希望条件等をイメージ

③物件を探す

④現地確認等、精査

⑤購入の申込

⑥購入(契約)

⑦融資の申込

⑧融資の実行

⑨引渡し

 

ざっとこんなカンジかと。

 

ここでいう、

①不動産屋と面談(融資可能額、希望条件等のすり合わせ)

がとても大事です。

ここで融資可能額の確認をしましょう。

 

正直、

「こんな物件が欲しい」

と思っても、

融資が受けれなかった場合、多くの方は買えないですよね。

ですので、現状で分はどれくらい融資が受けれるのか確認することからスタートしましょう。

 

特に、不動産投資ローンの場合が重要です。

(住宅ローンはざっくり、「年収の7倍ぐらい」はほぼいけます。)

不動産投資ローンは各金融期間で条件が違います。

 

ですので、不動産屋に確認しましょう。

融資可能額は、自分の現在の状況すなわち、

・勤務先

・年収

・預貯金

・借入状況

etc

などで算出されます。

(不動産投資の方法(基礎編)(3)金融機関の審査基準 参照)

 

ここを不動産屋に伝えて、融資可能額を算出しましょう。

ここからどんな物件を購入できるかイメージし

 

で、ここで2つ目、

「相談する不動産屋によって運命が変わる。」

です。

 

というのも、先程書きましたが、

不動産投資ローンは各金融期間で条件が違います。

ということです。

 

もし、相談した不動産屋が自分にとって、

最適な融資条件を提示できる金融機関を把握してなかった

としたらどうでしょう。

 

例えば、

A銀行では金利2%

B銀行では金利3%

で融資するという状況で、

不動産屋がA銀行を把握していなかったら、

金利の高いB銀行で融資することになってしまいます。

 

こんな失敗したくないですよね。

(ちなみに金利以外の条件も金融機関によって変わります。)

 

不動産投資はスタートが肝心です。是非、この2点を注意してください。