基礎編

管理会社選びの重要性

不動産投資において、切っても切れぬ関係性があるのが管理会社です。

不動産は買った後も大事です。

良い不動産を購入できたても、管理方法を間違えてしまったら失敗します。

ですので、管理会社選びはとても重要です。

 

私も良い不動産を購入いただいたのに、

管理会社の対応がひどくて大変だったことがあります。

 

不動産の管理には、大きく2種類の管理があります。

・入居者の管理

・建物の管理

 

「入居者の管理」とは入居者が入居してから退去するまでの一連の業務です。

具体的には、

・家賃の集金代行

・家賃滞納時の対応

・契約更新、解約の対応

・クレーム対応

・家賃保証

etc

 

「建物の管理」は、

・日常的な業務

・退去に関わる業務

・その他の長期的な業務

etc

 

ですね(詳細はいずれ書きます)。

投資商品は投資後の、運用方法が大事だと思いますが、

不動産でいう投資方法が「管理方法」になります。

 

良く不動産屋から想定収支を元に提案されますが、

「想定収支通り運用できるかは管理次第」というわけです。

 

管理会社は不動産投資におけるキーマンです。

いい会社を見つけましょう。