基礎編

「不動産」ってっどんなもの?

そもそも僕らにとって「不動産」ってどんなものでしょうかね?

 

(1)人の生活において欠かせないもの、「生活の基盤」。

(2)「知らない」、「わからない」ことばかりで、多くの人が騙されている。

(3)メチャクチャ儲かる。

(4)不労所得。

(5)未来永劫、不朽のものではない。

etc

 

ぱっと浮かぶのはこんな内容ですかね。

 

(1)人の生活において欠かせないもの、「生活の基盤」。

→家無いと暮らせないですもんね。

この「家選び」も最善の選択をしている人ってどれくらいいますかね?

「賃貸」の場合ならその後もどうにか対処できると思いますが、

「購入」の場合には良く考えて選ばないとマズイですよね。

 

(2)「知らない」、「わからない」ことばかりで、多くの人が騙されている。

→最初の記事で書いてることですが、不動産の悪いイメージはここが根底にあると思います。

でも「不動産選び」って人生で一度は経験する大切な選択なですよね、騙されたくないですか?

僕の知合いでも沢山不幸なことになってしまった方を見ています。

 

(3)メチャクチャ儲かる。

→羽振りのいい「不動産オーナー」、高級スーツ、高級時計をしている「不動産屋」を見ていても感じますよね。

でも不動産投資をした人すべてが儲かってるんですかね?

実際上手くやればメチャクチャ儲かると思います。

「不動産オーナー」も「不動産屋」も儲かってる人はごく一部です。

(儲かってるポーズを取る人は多いですけどね。)

でも時間をかけて着実に積み上げていくことを出来れば、メチャクチャ儲かりますよ。

 

(4)不労所得。

→「アパート、マンションなどを所有することで得る家賃収入。」

というイメージをする人も多いと思います。

でもそもそも「不労所得」ってなんでしょう?

wikipediaではこんなんでした。

     https://ja.wikipedia.org

「労働する必要がない所得」っていい響きですよね〜、でも不動産って本当に不労所得に該当するのでしょうか?

 

(5)未来永劫、不朽のものではない。

→世の中にこんなものないですよねw

せいぜい「愛」ぐらいですかねw

不動産はそうではないと思います。

 

これらのことにそれぞれ別の記事にも書きましたので、そちらでも良かったら是非。

 

(1)人の生活において欠かせないもの、「生活の基盤」。

(2)「知らない」、「わからない」ことばかりで、多くの人が騙されている。

(3)メチャクチャ儲かる。

(4)不労所得

(5)未来永劫、不朽のものではない。